訪問看護を検討中の方へ

訪問看護は何ができるの?

訪問看護とは、看護師等が病気や障がいを抱えている人の『住まい』を訪問して行う看護サービスです。

訪問看護指示書(主治医が記入した指示書)のもと、療養上のお世話や診療の補助(処置など)を行います。

<訪問看護の主なサービス内容は?>

利用者とは、病気や障がいを抱えている子どもから大人・高齢の方まですべての人が対象です。

病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、『住まい』で暮らすことを選択された方が対象(病院等に入院中の方は対象となりません)とし、ケアマネジャーや、在宅診療医、デイサービス、福祉用具などの多職種と連携をしながら療養生活を支えます。

 

訪問看護とご利用者さまと、その主治医について

訪問看護を保険を利用して行うためには、主治医(かかりつけ医)からの『訪問看護指示書』が必ず必要となります。看護サービスを提供する際に、その利用者さまの詳しい病状や服用している薬の内容などを把握して『訪問看護計画書』を立てて実施します。

常に主治医との連携を図り、安全・適切に対応ができるよう、できるだけ長い間『住まい』で暮らせることができるように努めています。

主治医には、『訪問看護計画書』『訪問看護報告書』を提出することになっています。

 

訪問看護サービスで伺うスタッフの資格は?

メモ

看護師・准看護師 または保健師・助産師

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)

が利用者さまの状況に応じて伺います。

スタッフは必ず国家資格、または都道府県から資格を取得し、医療現場で十分な経験・知識・技術を持つ専門職として担当しています。

訪問看護師は、常に必要な最新の知識や技術について教育やトレーニングを受けて能力・看護の質の向上に努めております。
看護師として、リハビリ職員としてプロ意識をもち、『人に対する支援』という使命感を持って関わりをもたせていただいています。

 

訪問看護を選ぶ理由は?

  • 定期的に健康状態をチェックし、不安を持つ悩みを一緒に解決できる。
  • 医療的な処置や緊急時の対応ができる。
  • お風呂に入る時も、訪問看護で行うことができる。
  • 家族や介護する方の相談にも親身に応じます。
  • 介護方法については、実際に行いながら繰り返し伝えます。
  • 24時間、連絡や相談ができる体制があります。緊急必要時は夜間の訪問も対応します。
  • 病気が悪くなったら…という不安は、訪問看護スタッフがしっかり対応します。

訪問看護をはじめる流れ

※訪問看護が開始される前に『事前訪問』をさせていただいております。
『住まい』や『病院(退院前)』に直接訪問をさせていただき、病状や生活状況、療養上のご希望などを実際にお聞きさせていただくことで、利用者さまの問題点の把握に努めています。

訪問看護ステーションの業務は?

  • 主治医からの『訪問看護指示書』やケアマネジャーが立てた『居宅サービス計画書』に沿って、訪問看護計画書を作成して、利用者・ご家族に説明し、同意を得て訪問看護サービスを行います。
  • 訪問看護計画書に基づき訪問看護サービスを実施します。
  • 毎回の訪問時に『訪問看護報告書(記録書)』を記載し、複写をファイルさせていただきます。
  • 介護保険で訪問看護をご利用の場合、市町村に訪問看護給付費として1月毎に請求します。
  • 医療保険で訪問看護をご利用の場合、健康保険等に訪問看護療養費として1月毎に請求します。
  • 利用者の同意を得て、市町村等の求めに応じて情報提供を行います。(医療保険の場合)

介護保険制度・医療保障制度、公費負担助成制度で知っておきたいことは?

医療保険と介護保険について
身体障害者手帳の交付について
難病について
厚生労働大臣が定める疾病等(19疾病)について
特定疾病治療研究事業対象の疾患(306疾患)について
小児慢性特定疾患について
介護保険の特定疾病(16疾病)について
高額療養費制度、高額介護合算療養費制度について
市町村で行われている各種助成について

Copyright© CosmosCare|こすもす訪問看護リハビリステーション・ケアプランこすもす , 2020 All Rights Reserved.