Whatever you Like

あなたの全てを受け入れて。

私たちの想いをお伝えします。

退院直後は、病院で強いられた安静の所為もあり、また、入院加療の環境にストレスから開放され、人間なら誰しも気が緩む時期(良い意味で)。
入院生活で、筋肉は衰え、やっと退院して『家』に帰宅しても思うように動けません。しかし、食べ慣れた自宅の味と、使い慣れた我が家での行動と、家族からの励ましの声が聞こえる環境により、一歩一歩自分の足で歩けるようになることも少なくありません。
たとえ、がんの終末期で何も食べられないという状況であっても、ご家族と一緒のお食事で少しずつ食欲が戻り、短期間でも元気を回復される方もいらっしゃいます。

Whatever you Like,

あなたの全てを受け入れて。

そんなミラクルに癒されているのは、私たちです。

この記事を書いた人